PROFILE

BUCK-TICK and Members

Profile of BUCK-TICK

不動のメンバーで活動し続けるBUCK-TICK は、日本のロックシーンが急激に加速し始めた80年代中頃から活動を続けるワンアンドオンリーな ロックバンド。現在活躍するアーティスト達にも今もなお、多大な影響を与え続けている。

1989年にリリースされた3rdアルバム『TABOO』でチャート第一位を獲得、デビュー後わずか2年の間に日本武道館、東京ドームと席巻し、名実共にトップアーティストの仲間入りを果たす。
その後も独特なポップセンスとダークな世界観を深く掘り下げていく一方で常にその時代の先鋭的な要素を積極的に取り入れ、まさにBUCK-TICKでしか成し得ない独自の音楽性を提示しながらも、今なお進化し続けている。

2012年に自身の新レーベル「Lingua Sounda(リンガ・サウンダ)」を設立。
同年、デビュー25周年を記念してリリースされたトリビュートアルバム『PARADEⅡ~RESPECTIVE TRACKS OF BUCK-TICK~』の参加アーティストと共に「BUCK-TICK FEST 2012 ON PARADE」を千葉ポートパーク内特設ステージにて9月22、23日開催した。

また、2013年には、デビュー25周年を記念したドキュメント映画『劇場版BUCK-TICK~バクチク現象~』が全国上映され話題になった。

2016年には、ビクターに20年振りに復帰し、その第1弾リリースとなるニューシングル「New World 」を9月21日、ニューアルバム『アトム 未来派 No.9』を9月28日リリースした。

デビュー30周年を迎えた2017年、MTVの年間の優れたミュージックビデオを発表する音楽アワード「MTV VMAJ 2017」で“現在の日本のミュージックシーンにおいて多大な影響を与えた邦楽アーティストに贈られる特別賞「Inspiration Award Japan」を受賞し、スペシャルイベント「MTV VMAJ 2017 -THE LIVE-」(9月27日開催)にも出演。
9月20日にオールタイム・ベストアルバム「CATALOGUE 1987-2016」をリリース。
東京・お台場野外特設会場J地区にて9月23日(土)「BUCK-TICK 2017 "THE PARADE" ~30th anniversary~ FLY SIDE」、24日(日)「BUCK-TICK 2017"THE PARADE"~30th anniversary~ HIGH SIDE」を開催し、2日間で約2万人を動員した。
11月15日には30周年第一弾シングル「BABEL」をリリース。
10月21日(土)大宮ソニックシティを皮切りに、12月23日(土・祝)には高崎アリーナ、12月28日(木)、29日(金)日本武道館まで“THE DAY IN QUESTION 2017”全18公演を開催。

そして2018年、2月21日にシングル「Moon さよならを教えて」、3月14日にはアルバム「No.0」をリリース予定。
3月31日(土)より、アルバムを引っ提げた全国ツアー「BUCK-TICK 2018 TOUR No.0」の開催が決定している。